椎名林檎×櫻井敦司でMステにも出演した櫻井敦司って誰?「駆け落ち者」

椎名林檎さんのアルバム、”三毒史”のなかの一曲、「駆け落ち者」は疾走感溢れるナンバーで最高にかっこいいですよね。

特に一緒に歌っている男性の声が、椎名林檎さんの声と絶妙にマッチしています。

 

この男性は櫻井敦司さんというんですが、果たして何者なんでしょうか。

詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク


椎名林檎さんとコラボした櫻井敦司さんのプロフィール

 

<櫻井敦司さんのプロフィール>

本名: 櫻井敦司(さくらい あつし)

誕生日:1966/3/7(53歳)

出身地 : 群馬県 藤岡市

出身校: 群馬県立 藤岡高校卒業

所属バンド:BUCK-TICK(バクチク)

ジャンル: ロック

担当: ボーカル、作詞

活動期間 1985〜現在

レーベル: HAPPY HOUSE

椎名林檎さんと「駆け落ち者」でコラボした櫻井敦司さんとは、ずばりBUCK-TICK(バクチク)というバンドのボーカルをやっています。

 

名前だけだと「誰だろう…」と疑問に思う方が多いかもしれません。

ただ、このBUCK-TICKというバンド名は聞いたことがあるのではないですか?

なんせBUCK-TICKといえば数々のヒット曲を生み出した日本を代表するバンドですからね。

 

過去の映像はコチラ↓

 

最近だと、あの水木しげる先生の代表作である「ゲゲゲの鬼太郎」のエンディングテーマ「RONDO」を歌ってますよ。

 

ちなみに櫻井敦司さんがどんな人物かといいますと、群馬県藤岡市出身で現在53歳の方です。

 

そして1985年にBUCK-TICKというこの世のバンド界の歴史に刻まれる素晴らしいバンドを結成しました。

1989年に発売した「TABOO」というアルバムでは、見事チャート1位を獲得しています。

 

ちなみにBUCK-TICKは現在も全然普通に活動してます↓

 

さらに櫻井敦司さんにはデビュー前、伝説となった出来事がありました

 

それは1985年の高校のOB会にてあの「BOOWY」の氷室京介さんから

「君、顔が良いからバンドやった方が良いよ」

と言われたことです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

30年経つとこのように出来上がるみたいです😍 ビフォアーアフター🤣 #櫻井敦司 #bucktick

てんさん(@ten1913)がシェアした投稿 –


ただ、それだけがきっかけでバンドを続けていこうと思ったわけではないようですけどね。


でもあの氷室京介さんからそんなことを言われるなんて、やはり当時から魅力があった方なんでしょうね。

 

今でも、櫻井敦司さんには熱烈なファンがたくさんいて、

椎名林檎さんとMステに出た時は、トレンド入りするほどの反応に。

 

そしてそのイケメンっぷりにネットがかなり盛り上がっていました。

ウィキペディアまでも即、対応↓

 

ツイッターでも周辺情報多数↓

そんな櫻井敦司さんは、椎名林檎さんとはあまり接点がないように思えますよね。

それなのになぜ今回のコラボが実現したのでしょうか?

お二人の関係性を見ていきましょう。

スポンサーリンク


椎名林檎さんと櫻井敦司さんとの関係は?

椎名林檎さんと櫻井敦司さんは、元々交友があったわけではないようです。

 

そうではなく、椎名林檎さんが東京事変の活動を終えてからBUCK-TICKの魅力に気付いたそうですよ。

しかも魅力にただただ気付いただけではなく、彼らのファンクラブにも入ったというんだから驚きですね。

 

勝手なイメージで申し訳ないですが、椎名林檎さんがファンクラブに入るっていうのはちょっとイメージがわかないっていうか…。

でもあれだけの大物でも他のバンドのファンクラブに入るなんてさすがの林檎さんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【BUCK-TICKファンクラブ会報】 =私の癒しwww😆💗 ・ ・ ・ コンサートチケットの為に 唯一入ってるファンクラブなのですが なかなか神席当たらないです…😅 ・ #bucktick #fishtank #fanclub #atsushisakurai #hisashiimai #hidehikohoshino #yutakahiguchi #tollyagami #japaneserockband #myfavorite #music #バクチクする ♡ #ファンクラブ会報 #あっちゃん #大好き #声が好きすぎる #ルックスパーフェクト #櫻井敦司 #アラフィフの色気 #今井寿 #センスハンパない #星野英彦 #実は好き #樋口豊 #ヤガミトール #アニィ #最前列で見たい #神席来い

Lira (リラ)さん(@lira_moa)がシェアした投稿 –

 ※インスタは林檎さんではありません

 

林檎さんはファンクラブに入りながら、

櫻井敦司さんとコラボする機会があれば、こんな楽曲を作りたい

とも想像していたそうです。

 

そんなコラボが今回のアルバム、「三毒史」で現実のものになったというわけです。しかも椎名林檎さんからのオファーです。ビビりますよね。

 

椎名林檎さんと櫻井敦司さんが二人でMステに出演した時にも、

その時のオファーについて櫻井敦司さんは次のように語ってました。

 

「驚きました。」

「…なんで僕なのかな?って。」

「でも。光栄です。」

 

関連記事

Mステの「駆け落ち者」演奏シーンの動画はコチラ

 

「駆け落ち者」を製作する際には、櫻井さんの歌声が最大限に発揮できるよう考えて作ったそうですよ。

そして実際にレコーディングをした時の話ですが、櫻井さんの歌唱力はやはり、ずば抜けていたようです。

 

エンジニアさんが、幅のあるビブラートの波形を見て驚いていたという風に聞いています。

そんな櫻井さんですが、そもそもBUCK-TICKの曲にはどんなものがあるのでしょうか。

ここでいくつか紹介していきますね。

スポンサーリンク


櫻井敦司さんの『BUCK TICK』の楽曲をちょっと紹介。

櫻井敦司さんがボーカルを務めるBUCK-TICKの楽曲には、名曲がたくさんあります。

その中でも特に有名で人気のある曲には、メジャー初のシングルである「JUST ONE MORE KISS」です。

この曲は当時ラジカセのCMソングに起用され、とても話題になりました。

さらに、話題のバンドとしてメディア出演も多くなったのです。

 

その際にBUCK-TICKのメンバーたちの奇抜なツンツンヘアーで人気に火がつき、一気にブレイクしたんですよ。

他にも「悪の華」という素晴らしい曲があります。

 

イントロがなんともいえない、1度聴いたら耳から離れない中毒性のある曲です。

ギターやドラム、ベースのシンプルな音色がバランスよく鳴り響く良曲なのですよ。

YouTubeにミュージックビデオもあるのでチェックしてみてくださいね。

まとめ

このように「駆け落ち者」という曲でコラボしている櫻井敦司さんは、とても魅力に溢れる男性なのです。

今でもBUCK-TICKは活動していますし、これから曲をチェックしても遅くないですよ。

BUCK-TICKや櫻井さんの曲をたくさん知ってからだと余計に「駆け落ち者」も好きになれると思います。