女子アナの服装は清楚系で憧れる人も多いのではないでしょうか。

滝川クリステルさんや加藤綾子さんなど、芸能人顔負けのファッションに注目が集まります!

ここでは、女子アナの服装事情について徹底解説していきます。

スポンサーリンク


女子アナの服装は自前?

女子アナをテレビで見てみると服装が毎回違うため、自前なのかが気になるところでしょう。

芸能人と同じようにテレビ出演しており、ニュース番組以外にもバラエティー番組にも出演します。

女子アナの中には自前の服装で出演する人もいますが、

テレビ局側で用意された衣装で出演することがほとんどです。

 

「この番組は自前の服装を着たい」と思う女子アナもいて、

相談すれば許される番組もあります。

 

基本的には、専属のスタイリストや専属のコーディネーターがおり、

他の番組も考慮して服装が被らないよう工夫されています。

多忙な女子アナにとっては服装を選んだり、コーディネートしたりすることは、

現実的に厳しいため決まった服を着ていると思っていいでしょう!

スポンサーリンク


キー局(フジテレビなど)の場合は?

フジテレビの女子アナもスピンサーから用意されている衣装を着ています。

バラエティー番組や音楽番組、ニュース番組によって露出の具合や色合いが決まります。

女子アナが自分の判断だけで服装を選ぶのは難しいです。

 

以前は、高島彩さんや中野美奈子さんが着回ししたことが確認できて、

マニアックなファンの間では見破られ「金欠?」「遊びすぎ?」と心配する声も挙がりました。

普通のサラリーマンなら同じスーツを着ていればいいですが、

女子アナは見られる仕事をしているため、現在は「被りはNG」という見えないルールが厳しくなっています。

スポンサーリンク


地方局の場合は?

地方局の女子アナもキー局同様に用意された服装を着ています。

しかし、キー局と地方局の服装には差があると言われており、

女子アナの宮崎宣子さんは「地方局の服装は黒い」と語っています。

 

黒いとは色や肌の露出など「女子らしさ」を表しており、

キー局の服装のほうが制限がなく可愛らしいようです。

女子アナである古瀬絵理さんも「(キー局との)溝は大きいですよ!」と訴えています。

 

専属のコーディネーターやスポンサーの用意する衣装はあるものの、

キー局の方が「この服がいい」「このコーディネートはちょっと」と自由がきくのでしょう。

日本テレビ出身の宮崎宣子さんはフリーアナウンサーになり、

地方局とキー局の服装の自由度の違いを強く体感しています。

衣装手当が出るって本当?

女子アナには衣装手当が数万円~数十万円ほど支給されます。

所属会社によって変動しますが、多いところでは10万円以上出ており、かなりの格差があると考えられます。

新人女子アナであれば給料の半分が衣装代に消えてしまうこともあり、

中田有紀さんは衣装を使い回すこと有名な中心人物。

 

衣装は高いと数万円、安いと5000円以下でレンタルできますが、

服装がダサいと人気が下がることにもなりかねません。

フリーアナウンサーの中田有紀さんは衣装の抜群のスタイルなので、

着回ししてもファンの人気をガッチリ掴んでいます。

 

今後、中田有紀さん基準の衣装が広まっていくと、

服装にも気が抜けなくなるため、

他のアナウンサーのコーディネートも大変になると予想されています。

まとめ

女子アナの服装事情についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

専属コーディネートがいて自分で選んでいない事実や、番組によって着る服装が制限されること。

そして地方局とキー局で服装の差がはっきりしていることなど、

普段は知ることができないテレビの裏側を知っていただけたことでしょう。

 

このような女子アナの裏事情を知ると、

テレビを見る時につい服装をチェックしてしまうのではないでしょうか。

多忙で頑張っている女子アナウンサーをこれからも応援していきましょう!