女子アナの年収!地方の場合はいくら?
女子アナの年収が話題になることも多いので、皆さんも年収が気になるのではないでしょうか。

今回は、女子アナの年収を徹底リサーチしましたので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク


女子アナの年収!民放地方局の場合はいくら?

民放地方局の女子アナの年収は600万円ほどと予想できます。

また、新卒女子アナは初任給が23万円~25万円とサラリーマンと同じ給料です。

女子アナは芸能人でありながら、給料制になっているため、

芸能人やスポーツ選手のように「数億円」といった年収には届きません。

 

テレビの露出が増えていくことで年収も上がります。

トップ女子アナでも1000万円以下が多いので、皆さんが知っている有名女子アナでも、

普通のサラリーマン以下のケースも多いでしょう。

 

地方局の女子アナは一気に人気が上がることはありませんので、

完全な年功序列制で年収が上がっていくと言っても過言ではありません。

女子アナはいくら頑張っても「60万円」が限界という声も多いですが、

このような事情を考えると本当なのかもしれません!

スポンサーリンク


NHK地方局の場合は?

NHK地方局はNHKブランドがあるため平均年収は700万円になっています。

実際の平均年収は「1160万円」とされています。

NHKの有働由美子さんは役職手当が付いて「1800万円」稼いだと噂されており、

他の女子アナとは桁が違うことが考えられるでしょう。

 

このように桁が違う人気アナウンサーが平均年収に含まれていることを考慮すれば、

平均700万円が妥当だと言えるでしょう。

また、人気がないアナウンサーであればNHK女子アナでも、年収500万円以下もたくさんいます。

女子アナは競争が激しい職業ですが、平均年収は予想より高くないと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


フリーの女子アナの場合は?

フリーの女子アナの平均年収は800万円~1000万円です。

女子アナの人気やトークの技術によって年収が大きく変わります。

また、局を離れることで給料制から脱却して、出演単価は上がりますが、

そもそも仕事がもらえない女子アナも少なくありません。

 

ただ、一般的な女子アナと比べて成功した時のリターンは大きくなるでしょう。

加藤綾子さんはフジテレビの女子アナを退職して「1億円以上」稼いだと噂されています。

 

2016年4月末にフリーになってからはCMオファーがあり、

女子アナの仕事以外での収入が激増しました。

フリーアナウンサーは夢が膨らむ職業の一つと言えるのではないでしょうか。

地方局女子アナは大変

地方局女子アナは仕事の取り合いで大変でしょう。

女子アナは芸能人に分類されて、ニュース以外にもバラエティーや映画、ドラマに出演する女子アナもいます。

人気がなければ当然のこと仕事な減ってしまい、年収もダウンするはずです。

 

また、契約が終了になりクビになる女子アナも多いため、自ら「起用してください」とメールしたり、

会社の近くでてつなぎデートしたり、自分を売り込むために必死に営業しています。

皆さんも「最近テレビで見ないな…」と思う女子アナがいるのではないでしょうか。

 

地方局は「出演枠」にも限りがあることから、女子アナ同士の仕事の取り合いが勃発しています。

顔やスタイルでテレビ映りが良くするよう努力する以外にも、キャラクターやプロデューサーとの信頼も大事。

まとめ

女子アナの年収についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

自分で予想していた女子アナの年収より低かったという人も多いはずです。

女子アナはテレビに出る芸能人でありながら、給料は「サラリーマン制」になっており、

爆発的な年収を目指すのは難しいのが現状です。

 

トップ女子アナでも1000万円であり。フリーアナウンサーにならない限りは億単位で稼げません。

今後も高橋真麻さんや滝川クリステルさんのような、

局を離れたフリーアナウンサーが増えることに期待が高まります!