あいみょんが「私の王子様」と大ファンだった小沢健二さん。

90年代に小山田圭吾と組んだ「フリッパーズギター」で注目を集め、

その後のソロ活動で一世を風靡しました。

でも今の世代では知らない方も多いかもしれません。

代表曲などを紹介しますね!

 

スポンサーリンク


ラブリー

まずはこの曲、「ラブリー」です。

明るい陽気な曲で、これぞソロの小沢健二、というような曲です。

同じメロディが繰り返されてるのに、飽きないのが秀逸です。

キャッチーなメロディーで、一度聞くと、しばらく頭の中でループする人も。

 

スポンサーリンク


強い気持ち強い愛

続いてはこちら。

こちらもオザケン節全開の曲ですね。

強い気持ち強い愛

作曲は筒美京平さん。ワクワクするようなこれぞポップス!というような曲です。

少し前に映画「SUNNY」のテーマ曲としても使われていましたね。

フリッパーズギター時代はどちらかというと「こだわりおしゃれサウンド」が多かったのですが、

ソロになった小沢健二さんはこの曲に代表されるように、ザ・ポップス!という路線に舵を切りました。

ただ、あいみょんが大ファンというだけあり、曲の芯はしっかりしていて、さすがの曲作りです。

例えば次の曲。

スポンサーリンク


愛し愛されて生きるのさ

ポップス路線ではありますが、深い音楽性がそこかしこに感じられます。

おそらくあいみょんはそんなところに魅力を感じるのでないでしょうか。

愛し愛されて生きるのさ

痛快ウキウキ通り

この曲も同じように、見た目軽さ(?)の奥にしっかりとした曲の構成が感じ取られます。

好き嫌いが分かれるところですが、当時は私はあんまり…だったのですが、

改めてこうして聞くと、なんというか、ツウ好みというか、やっぱりいいですね。

痛快ウキウキ通り

 

そして次の曲。個人的にはこの曲が一番好きです。

いろんな人にカバーされてるので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

今夜はブギー・バック

曲はヒップホップグループのスチャダラパーとのコラボです。

フリッパーズギター時代の雰囲気も残しつつ、かっこよく仕上げています。

ラップと曲の掛け合いも素晴らしく、たくさんカバーされるのもわかります。

あの宇多田ヒカルのカバーが有名ですよね。

 

小沢健二feat.スチャダラパー:今夜はブギー・バック

そして、宇多田ヒカルのカバーはこちら

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はあいみょんが大ファンという小沢健二さんの代表曲を紹介しました。

今聞いても色あせない曲ばかりで、やっぱり才能の塊のような人ですね。

関連記事

あいみょんの本名と読み方は?高校や出身地、音楽ルーツなども紹介

あいみょんのマリーゴールドはパクリ?どんな曲と似てるの?

~アイキャチ引用元:https://pixabay.com~