マカロニえんぴつの シングル一覧と収録曲

全員が音大出身という異色実力派バンド、「マカロニえんぴつ」。

少し前にマクドナルドのバリューセットのCM曲を書き下ろしたことでも注目が集まっています!

 

今回は、そんなマカロニえんぴつのこれまでのシングル曲や、カップリング曲を紹介します。

スポンサーリンク


マカロニえんぴつのシングル一覧とカップリング

マカロニえんぴつは、これまでにシングル曲を2作品リリースしています。

201782日にファーストシングルとして、「夏恋センセイション」を発売。

その後、2018103日にセカンドシングル「レモンパイ」をリリースしました。

それぞれのカップリング曲は?

カップリング曲として、「夏恋センセイション」には、

「ゲームセット」と

「歩き続けて」

2曲。

 

「レモンパイ」には、

OKKAKE

MAR-Z

MUSIC

「クールな女」

「幸せやそれに似たもの」

5曲が、カップリング収録されています。

スポンサーリンク


1stシングル「夏恋センセイション」

では、ファーストシングル「夏恋センセイション」はどんな曲なのでしょうか?

アップテンポなロックチューンであるこの曲の魅力は、まずなんといっても盛り上がれる曲ということ。

ライブでも、盛り上がる事間違いなしの激しめのビートや、転調からの盛り上がりがたまりません。

レコチョクで「夏恋センセイション」を試聴!

また、夏感満載のPVもおすすめポイントのひとつ!スイカ割り、かき氷づくり、スーパーボールすくいなどをつなげて、ひとつの競技のように競う。

そんな浴衣姿のマカロニえんぴつ4人にも、注目です。

 「夏恋センセイション」の魅力は、これだけではありません。

とても面白いことに、実はこの曲、「英語」っぽく聴こえるという感想が多いのです。

曲調が洋楽っぽいというよりも、歌詞がところどころ英語のように聴こえてくるようなのです。

私も半信半疑で聴いていましたが、たしかに、途中で日本語の歌詞まで英語に聴こえるゾーンが!

 

日本語を、歌い方でスタイリッシュに感じさせる彼ら。

意図しているかどうかはわかりませんが、さすがと思ってしまいますね。

 

 

ここでカップリング曲の「ゲームセット」も、少し紹介しましょう。


ゲームセット(試合終了)のタイトルは「実らぬ恋の終わり」を表しているそうです。

切なさと哀愁を、少しレトロなメロディーにのせて、マカロニえんぴつならではの手法で描いた失恋ソング。

野球の試合と実らぬ恋を重ねる歌詞。

そしてロックバンドである彼らが作る、哀愁ロック。

ぜひ聴いてみてください!

スポンサーリンク


2ndシングル「レモンパイ」

 つづいて、セカンドシングルの「レモンパイ」

人気番組、王様のブランチで、201810月度エンディング・テーマとしても使用されました。

レコチョクで「レモンパイ」を試聴!

 恋のはじまりのもっと手前。少しじれったいような、悶々とした感情を歌ったミディアムテンポなナンバーです。

作詞作曲を担当するメンバーのはっとりさんも、今回は特に歌詞に力を入れていると公言しています。

 

触れようか触れまいか、触れたいな迷惑じゃないかな?

ためらいつつ踏み出す一歩を応援したくなります。

風に揺れるようなゆったりとした聴き心地や、どこか懐かしい雰囲気も、人気の理由です。


 「夏恋センセイション」とは一味ちがったマカロニえんぴつに出会えます。

 

 続いてカップリング曲、OKKAKE

 

バンド自身がおっかけについて歌うという、なんとも斬新な一曲なんです!

おっかけの目線を通して、まだあまり売れていないバンドへの愛を歌います。

自分の大好きなインディーズバンドがメジャーデビューして、最近ファンになった子達がきゃーきゃー言っているとなんか嫌だ!という心理、ちょっとわかりますよね。

レコチョクで「OKKAKE」を試聴!

自分だけがこのバンドのよさを知っている!

いつまでも隠された名曲を歌ってやるんだ!といった、ファンならではの心理。

それを巧みに歌っています。

 

一方で、こんな風に隠された名曲にならないようにという、はっとりさんなりの自分たちへの叱咤激励の意味もあるのだとか。

くすっと笑える歌詞にも注目しながら、聴いてみてください。

まとめ

 今回は、マカロニえんぴつがこれまでリリースしたシングルについて見てみました。

カップリング曲もふくめ、気になる曲がいくつか出てきたんじゃないでしょうか?

アップテンポなナンバーも、しっとりとしたレトロな楽曲もあります。

ぜひ、シーンに合わせて聴いてみてくださいね!