97704c61e0fbb3e34c16075ac19ffcfd_s.jpg
見た目の愛嬌とは裏腹に、とっても
甘くて美味しいデコポン。
私も大好きです。
中には、お家でデコポンを栽培なさって
いる方もいるのではないでしょうか?
「でも、いつ収穫したらいいんだろう?」
調べてみても、よくわからない。
「場所によって時期も違うようだし…。」
そんな悩みをお持ちの方に、今回は
熊本県の場合の収穫時期を調べてみましたので
紹介しますね。
ズバリ、熊本の場合の収穫時期は1月ごろが
いいことがわかりました。
関連記事
デコポンの収穫時期、和歌山県なら2月ごろから収穫を
そしてポイントは、すぐに食べるのではなく、
一定期間寝かせて甘みを増す工程、つまり
”追熟”を行うといいようです。
それでは詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク


デコポンの収穫時期、熊本は1月ごろ。


デコポンは、スーパーなどでは12月から
5月にかけて販売されているので錯覚して
しまうのですが、
スーパーなどで売っているのはいわゆる
ハウス栽培のもの。
後半は露地物も出回るのですが、
前半はやはりハウスが中心。
ですので、お家で栽培しているものとは
収穫時期は若干違ってきます。
熊本ではその気候から、露地栽培の場合は
1月の収穫が良い、とされています。
こちらの現地の専門店の方のブログでも
紹介されていますね。

露地栽培のデコポン:3月中旬以降
太陽の光を直接浴びて外で作るデコポンは
3月中旬以降から出荷されます。
ちなみに、3月まで樹に成っている訳ではなく、
収穫自体は1月頃から行われています。
そして約1~2か月ほどじっくり時間をかけて貯蔵して
酸をしっかり抜いてから出荷されるので、
市場に登場するのが3月中旬以降になるのです。”

~引用元:青果専門店 とっておきや~
あ、でももし1月を過ぎてしまっても大丈夫。
1月を過ぎたからといって味が落ちる
ことはありませんからね。
(目安として3月くらいまでは大丈夫です)
ポイントは、収穫してから
しばらく寝かせて追熟する事。
こうする事で適度に酸味が抜けて、
甘みが増すようです。
農家ではこうしてから出荷しているんですね。
寝かす期間はだいたい1〜2ヶ月。
では、具体的なやり方を紹介します。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


デコポンの追熟の方法は?


具体的なやり方としては、
ミカンコンテナと呼ばれるカゴ状の
ボックスに収穫したデコポンを入れ、
風通しの良い涼しい場所で寝かせる、
という具合です。
スクリーンショット 2019-01-16 20.30.14.png
ミカンコンテナは、アマゾン内で
”採集コンテナ(オレンジ)”で検索すると出てきます。
だいたい3800円くらいです↓

ただ、調べてみると、追熟は、
ご家庭では少々難しいようです。
例えば、スカスカになったり
(脱酸という現象だそうです)、
逆に湿気がこもってカビが生えたりすることが
あるようです。
案外難しいようですので、慣れないうちは、
こまめに様子を見て、時々食べてみながら
追熟していくといいのではないでしょうか。
実際にご家庭でされている方の方法も
参考までに載せておきますね

”私の追熟(寝かせる)方法
①ミカンコンテナ内部を
 新聞紙2~3枚で全面を覆う。
②その中にデコポンを入れる。
③新聞紙で蓋をする。
あまり密閉しすぎると、カビで腐るし、
隙間が多いと水分が少なくなります。”

~引用元:ヤフー知恵袋
ちなみに、寝かせているうちに
表面がシワシワになったりしてしまっても
問題ないようです。

”私は自分で選べるので有れば、
必ず触って柔らかい表皮の果実を選びます。
特にシワシワの表皮の物は好んで選びます!”

~引用元:青果専門店 とっておきや~

スポンサーリンク


まとめ


今回の記事をまとめますと、
・熊本県でデコポンを家庭で栽培したときの収穫時期は1月頃
・収穫してからすぐに食べずに、寝かせて追熟するとさらに甘くなる
・追熟期間は1〜2ヶ月
・家庭では追熟は案外難しいので、様子を見ながら行うことでした!
お家で育ったかわいいデコポン、
美味しく食べられるといいですね!
関連記事
デコポンの収穫時期、和歌山県なら2月ごろから収穫を