あいみょんのアルバム曲のおすすめTOP3をコアなファンが独自に厳選!

あいみょんにはどんな曲があるんだろう?

という疑問を持つ方に、ファンが独自の目線で

選んだTOP3を紹介したいと思います。

 

正直、あいみょんには名曲が多すぎて選びきれないのですが、

あえて選ぶとすれば、

しかもちょっと個人的な趣味で、

という前提でTOP3を選ばせていただきました。

「あいみょん おすすめ」で検索すると色々出てくると思いますが、

他の人の順位とちょっと違うと思いますので、

ぜひご覧くださいね。

 

それでは早速1位から紹介しましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


おすすめ1位:”君はロックを聴かない”

1位は”君はロックを聴かない”です。

他の人と一味違うと言っておきながら、

この曲はベタというか、誰もが推してますが…^^;

 

でも、やっぱり名曲です。

なんといってもその歌詞

本当に素晴らしいと思います。

 

正直、この曲がラジオでよくかかっていた時は、

あいみょんのこともあまりよく知らず、

それほどなんとも思っていませんでした。

 

しかしその後、”マリーゴールド””今夜このまま”などを聞いて、

”あれ?あいみょんってめっちゃイイやん!”と、

あいみょんに興味をもち始めました。

 

そしてその後、彼女の曲の歌詞を色々読んでみたら、

”うゎ、すげーいいじゃん!”

と思ってめっちゃハマってしまったわけです。

そして、そんな素晴らしい彼女の歌詞の中でも、この曲は、飛び抜けて秀逸だと思います。

1stアルバム”青春のエキサイトメント” に収録されています。

”君はロックを聴かない”の歌詞はこちら

特に、サビ部分。

大人の事情で歌詞全文はこの記事中で載せられませんが、

サビの中の

ロックなんか聴かないと思いながら

から、

ロックなんか聴かないと思うけれども

~出典:”君はロックを聴かない”作詞/作曲:あいみょん~

までの部分。

その中でも特に、”思うけれども”のあたりがとても好きです。

スポンサーリンク


あいみょんの歌詞の意味をちょっと考えてみる

ここで、ワタクシ個人が感じた、

この歌詞の世界観をヘタクソながらも述べてみると、

次のような感じなのかなと思います。
ーーーーーーーーーー
”僕”の好きな”君”。

”君”はロックなんかに興味はないし、

ましてや、わざわざロックを聴くなんてことはしない。

 

でも、それはわかっているけど、

わかっているんだけど、

少しでも君にロックを聴いてほしい。

 

ロックは、音楽は、

こんなに素晴らしいんだ。

 

僕は君と同じものを聴いて

同じ気持ちを感じたいんだ

同じものを見て同じ気持ちを感じたいんだ

”同じ気持ち” を ”君と一緒に” 感じたいんだ

ーーーーーーーーー
…というような”僕”の気持ちがとても

上手に表現されているなぁと感じます。

あくまでワタシ個人の解釈ですが^^;

 

あと、もうひとつ好きなのが、

僕の心臓のBPMは190になったぞ

~出典:”君はロックを聴かない”作詞/作曲:あいみょん~

の場面。

ドキドキしてる気持ちを「BPM上がってきた」と

思ってたら、”君”にさとられたのか、ちょっとクスッと

されてしまって、

”え?なんで?”

と戸惑う場面(と、ワタシは解釈しました)も、上手に

かわいく表現されているなぁと思います。

 

ちなみに、この曲についてあいみょんは、

”はじめこの部分のフレーズが浮かんできて曲作りが始まった”

と、あるインタビューで話しています。

 

あ、言い忘れましたが、”BPM”とは、音楽用語で、

一分間の拍数のことです。(Beats Per Minute)

 

音楽関係の仕事をしているお父さんの影響も

あってこのフレーズが出てきたのかもしれませんね。

関連記事(お父さん関連のことを書いています)
あいみょんのマリーゴールドはパクリ?どんな曲と似てるの?
あいみょんのアルバム一覧。最新アルバムはいつ?ファンが曲のエピソードとともに紹介

話がそれましたが、あみょんの歌詞については、

以前、TVの”関ジャム”でも、いしわたり淳治さん

高く評価していました。

『ロックを聴かない人』と『ロックを聴く人』は

明らかに違う人種だという実感のある世代が書いた歌詞

という感じがして、新鮮に聴こえました。

 

特に何も説明していないのに、

『君はロックなんか聴かない』という一言だけで、

“君”という女の子の性格やライフスタイル、

もしかしたら容姿までも想像できそうな感じがする。

 

たくさんの要素を、たった一言で表現できていて、

この言葉を見つけた彼女の感覚が素晴らしい

〜引用元:Real Sound〜

スポンサーリンク

さすが、プロは上手に解説されますね。

ランキングに戻ります。

スポンサーリンク


おすすめ2位:”愛を伝えたいだとか”

この曲は、曲調が好きです。

他の記事でも述べてますが、

ダンサブルで、ベースのチョッパーが効いたカッコいい曲です。

 

こちらも1stアルバム”青春のエキサイトメント” に収録されています。

関連記事
あいみょんのアルバムの収録曲は?ファンがオススメとともに解説!

あいみょんのアルバム一覧。最新アルバムはいつ?ファンが曲のエピソードとともに紹介

すこしジャミロクワイの雰囲気も感じます。

あいみょんの音楽のルーツが音楽関係のお仕事をされているお父さんの影響が大きかったようですので、

あいみょんの年代なら、そのお父さんはジャミロクワイとか聴いていたはず。

 

だからあいみょんも聴いていたのではないかなぁなんて思ってしまいます。

 

この曲は他の楽曲とすこし雰囲気の違う曲で、

あいみょんの音楽製の幅広さを垣間見させてくれる曲だと思います。

あいみょん自身もインタビューで次のように語っています。

この曲ができたことで自分の新しい引き出しを

開けられたなと思うし、これからも新しいことにはこれからも

どんどん挑戦していきたいです。

〜引用元:音楽ナタリー〜

あいみょんの音楽ルーツや学生時代については、

こちらにかなりアツい記事が書かれていますので、

ぜひご覧ください。個人的には感動しました。

おすすめ3位:”ら、のはなし”

この曲はこのリズム感、曲調が

なんとも好きで、3位に入れさせていただきました。

映画「明日世界が終わるとしても」の挿入歌として書き下ろされた曲です。

 

映画はどういう話かはよく知らないのですが、

予告動画を見て、なんとなく雰囲気に合っているなぁと感じます。

ただ、この映画、あいみょんが主題歌と挿入歌の2曲

書き下ろしていて、”ら、のはなし”は挿入歌の方です。

 

主題歌は下の予告編でほんまにちょこっとだけ発表されています。

すでにいい曲感が溢れ出てますが、もう少し長く聴きたい!気になりますね。


しかし!2019年2月13日発売のあいみょんの

2ndアルバム”瞬間的シックスセンス”には、しっかり

両方ともフルバージョンで収録されるんですよね。

”瞬間的シックスセンス”についての記事はこちら↓
あいみょんのアルバム、最新は2019年2月に発売!ファンが収録曲も紹介!ライブ2019年の最新情報も!!

とっても楽しみです。

 

ここまで、個人的なおすすめ曲TOP3を紹介してきました。

でもひつこいですが、本当にあいみょんにはいい曲がたくさんあります。

 

”満月の夜なら”とか、

”ふたりの世界”

”マリーゴールド”

 

また、初期の

”貴方解剖純愛歌”は、

歌詞が強烈なところに目が行きますが、

よく見ると表現にとても芸術的なものを感じます。

 

では次にあいみょんの魅力について書いていきます。

ぜひ、あいみょんの魅力を伝えたい、というか言わせて欲しい。と思い、

書きます。すいません、長くなって。



スポンサーリンク


あいみょんの魅力1:歌詞

ランキング1位のところでも書きましたが、

あいみょんの魅力はなんといっても

まず、歌詞だと思います。

 

僕はクリープハイプも好きなのですが、

クリープハイプの尾崎世界観といえば、

言わずと知れた歌詞の天才。

尾崎さんの書く曲には、どうにもたまらなく

好きな歌詞、曲がたっくさんあるのですが、

それに負けず劣らず、あいみょんの書く歌詞はいいと思います。

特にあいみょんが男性目線で書いた詞が好きです。

あいみょんの魅力2:楽曲

次に楽曲。

なんとも音楽フリーク好みの曲調というか、いい曲が多いです。

僕は特に、彼女の曲の2番のサビの後の展開が好きです。

例えば、”マリーゴールド”なら2’50’’〜あたりのところとか、

4’22’’〜あたりのところ。

”今夜このまま”なら、2’41’’〜あたりのところ。

”満月の夜なら”なら、1’45’’〜あたりのところ。

 

ちなみに”満月の夜なら”は、歌い出しもかっこよくて好きです。

たまらなく、ゾクゾクします。

曲を聴いた時のこういうゾクゾク感、最近なかなか

味わってなかったので、とても新鮮でした。



あいみょんの魅力3:声

そして、声です。

デビュー当時は、比較的高めの声というか、

ちょっと阿部真央に似てる感じもしました。

 

”〇〇ちゃん”なんかは初期〜現在の過渡期の声

という感じがしますが、すこし阿部真央っぽい声ですね。

歌い方とかも、少し似てる感じも。

 

ネットでは当時そういう風に言われることもあったようですね。

 

ただ、途中からもう少し声が低くなって、今のような声になりました。

僕は今の声の方が好きです。

 

すこしハスキーというか、低くかっこいい声。

ギターがよく似合う声。

かっこいい女性ボーカルだと思います。

あいみょんの魅力4:ギター

ギターもいいです。

アコギは生で聴くとホントに感動しますが、

僕はまだあいみょんを生で聴いたことがないのですが、

昔、あいみょんが路上でやってた頃に聴いてたら、

立ち尽くして動けへんかったんちゃうかなと思います。

 

乾いた音、というか、カット気味の音、というか、

彼女の声にとても合ったギターの音だと思います。かっこいい。

まとめ

最後は勢い余ってあいみょんの魅力まで述べてしまいましたが、

もう、あいみょんへの愛が止まらない感じです。すんません。

これからのますますの活躍がとっても楽しみです。

スポンサーリンク


関連記事
あいみょんのアルバム一覧。最新アルバムはいつ?ファンが曲のエピソードとともに紹介
あいみょんのライブの服装はいつものカジュアルスタイルでOK
あいみょんのマリーゴールドは主題歌?曲作りのエピソードも
あいみょんのマリーゴールドはパクリ?どんな曲と似てるの?
あいみょんのマリーゴールドのロケ地はどこ?
紅白歌合戦 2018の出演者が発表!