KingGnu メンバー プロフィール

話題沸騰のKingGnu(キングヌー)。ネクストブレイク必至ですが、まだまだ露出も少なめ。

もっと詳しく知りたい!という方のために、メンバーやバンドのこれまでの活動などをまとめてみました。

詳しく紹介しますね。

King Gnuのメンバープロフィール

King Gnuは男性4人のバンドです。

全員イケメンで時代と逆行するようなワイルドなテイストの風貌と、

実は中心メンバーの常田さんと井田さんが”芸術系大学の東大”と呼ばれている、東京藝術大学出身という実力派。

天才肌の常田さんと、天性の歌声の持ち主に思えて実は努力派の井田さん。

そしてそれを支えるジャズ出身のベース新井さんとウデが半端ないドラム勢喜遊さん。

超人感抜群の4つのパワーがぶつかり合って、あのたまらなくかっこいいサウンドが生まれています。

一人ずつ紹介していきますね。

スポンサーリンク


常田大樹(つねた だいき)さん

・担当:ギター、ボーカル

・生年月日:1992年5月15日

・東京藝術大学出身

 

View this post on Instagram

 

📖 ㅤ V magazine × METRONOME に出たよ🚶🏽‍♂️ ㅤ

常田大希 – Daiki Tsunetaさん(@daikitsuneta)がシェアした投稿 –

まず目を引くのがそのルックス。まあ、平たく言えばイケメンですわ。

にも関わらず、天才的な音楽センス。

KingGnuの曲はほぼ全て彼が作詞作曲しています。

東京芸大では、チェロを専攻。

でも、一年で『この世界では生きていかない』とあっさり中退。

東京芸大は芸術系大学の東大と言われてる大学。

入るだけでも大変なのに、よくもまあ、という感じですが、

やっぱりデキる人は違いますね。

そして、米津玄師とも交流があり、「BOOTLEG」に収録されている「爱丽丝(アリス)」という曲にアレンジとして参加しています。ちなみに米津玄師はKingGnuを絶賛しています。

KingGnuでは、ギターとボーカルを担当。

KingGnuはツインボーカルのスタイルをとり、高音の井口さんと低音の常田さんの掛け合いがとてもオシャレ。

曲により、掛け合いだったり、片方だけのボーカル中心だったりと、色々変化するのもこのバンドの面白いところだと思います。

スポンサーリンク


井口理(いぐち さとる)さん

・担当:ギター、キーボード、ボーカル

・生年月日:1993年10月5日

・東京藝術大学出身。

常田さんとは幼なじみで、学年はイッコ違いながらも昔から仲が良かったそうです。

常田さんと同じく、東京藝術大学出身で、井田さんは卒業しています。

専攻は声楽。

とにかく彼の魅力はその歌声。

これどもかというくらいうまい。

常田さん曰く、「誰からも嫌われない声」。

一人で30種もの声種で歌ったというこの曲が最たるものです。

あと、常田さんと同じく、イケメン。反則っすわ。

そのイケメンぶりを生かした、というわけではないようですが、彼は役者もしています。

舞台やミュージカルでカルどうしています。

芸大在学中に、やはり常田さんと同じく「そんなに声楽がやりたいわけじゃないかな」と思い、

そんなことを考えている頃から舞台を観に行くようになって、役者としての活動を始めたそうです。

もう一つ、彼について特筆すべきはそのキャラ。

かなりぶっ飛んだ面白キャラです。

1/15発売のニューアルバム、初回限定版(ライブBlue-ray付き)は早い者勝ち♪

スポンサーリンク


勢喜遊(せき ゆう)さん

・生年月日:1992年9月2日

・担当:ドラム、サンプラー

 

View this post on Instagram

 

通販で買うべし。 #KingGnu #kinggnu #常田大希 #勢喜遊 #白日パーカー #グレー

SLP 🎹🎬さん(@neoslapp_gnu90)がシェアした投稿 –

学校は芸大ではないのですが、ご両親がプロのミュージシャン。

元はダンサーを目指していたそうですが、靭帯の怪我により断念。

しかし、小さい頃からドラムを叩いており、ドラマーとしての道を歩み始める。

高校時代からいろんなバンドにドラマーとして参加しており、当時から、

「自分は将来ドラマーになれるんだろうな」と感じていたそうです。

しかし、そのドラムの実力がハンパない。

KingGnuのサウンドになくてなならないドラムを奏で、この曲なんかはその素晴らしさがよく出ていると思います。

新井和輝(あらい かずき)さん

・生年月日:1992年10月29日)

・担当:ベース


彼も芸大ではないのですが、なんと国立音大のビッグバンドのサークルに参加していたそうです。

そのサークルに以前入っていた先輩のツテで参加することになったとか。

高校時代は軽音部だったのですが、高校時代の先輩に誘われてジャズのライブを観に行き、そこで衝撃を受けてジャズの道にのめり込んで行ったそうです。

ベーシストとしてジャズのセッションを繰り返すうちに、セッションだけをやるスタイルにやや飽きが出てしまったそう。

元々はドラムの勢喜遊さんと交流があり、その勢喜遊さんとつながりのあった常田さんからサポートの話があったそうです。

ちょうどジャズのセッションに飽きていた時で、4人でやった時の感触がよく、新井さんの方から、「このバンドに入りたい」と話をし、正式に加入することになったそうです。

King Gnuのこれまでの活動

 

View this post on Instagram

 

ㅤ みなさん 新年明けましておめでとう ㅤ 今年もハイスピードで駆け抜けるのでよろしく頼むぜーーー ㅤ #KingGnu #キングヌー

King Gnuさん(@kinggnu.jp)がシェアした投稿 –

<2015年>
・常田が中心になって、KingGnuの前身である、「Srv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)」を結成。

このバンドは、固定メンバーは常田だけで、曲によってメンバーが入れ替わるセッションスタイルだったという。
・1stアルバム「Mad me more softly」をリリース

<2016年>
・常田のソロプロジェクト”DTMP”の名義で、1stアルバム「http://」をリリース。

・Miniアルバム「トーキョー・カオティック」をリリース。(タワレコ限定)

<2017年>
・バンドメンバーが現在のメンバーになった。
・5月にバンド名を「King Gnu」とした。

フジロック  ’17 に出演。

・King Gnuとしての1stアルバム、「Tokyo Rendez-Vous」」をリリース。複数の曲にタイアップがつく。
・米津玄師のアルバム「BOOTLEG」に収録されている、「爱丽丝(アリス)」に常田さんが共同プロデュース・アレンジ・ギターとして参加する。

<2018年>
・1月28日に、キャリア初となるワンマンライブ「Tokyo Rendez-Vous」を渋谷WWWで開催。

・チケットは即日ソールドアウト。その後、渋谷WWW Xで追加公演を開催。

恵比寿LIQUIDROOM、7月16日大阪Shangri-Laでワンマンライブを開催。

この追加公演も即日うち切れとなった。

・「Flash!!!」の配信を開始。

初のシングル「Prayer-X」と「9月19日」をリリース。

・同曲はフジテレビ系TVアニメ「BANANA FISH」のエンディングテーマに起用された。

<2019年>

坂口健太郎主演の土曜ドラマイノセンス 冤罪弁護士」の主題歌として、新曲「白日」を発表。
配信限定でリリース。
・2ndアルバム「Sympa」を発表。
・井口さんがラジオのパーソナリティに。(『オールナイトニッポン0』の木曜日)

まとめ

いかがでしたか?

楽曲の素晴らしさ、歌、演奏の上手さ、ルックス、とどれを取ってもこれからますますのブレイクが期待されますね。

特にMステ出演時に見せた演奏で、「生放送であそこまでの仕上がりってすごくね?」というSNSの反応から見てもそのポテンシャルはかなり高いと思います。

今後も注意して追っかけようと思います。