みなさんはいきものがかりの新曲である「アイデンティティ」という曲を、ネット上やCMで既に聴きましたか?ここではそんな前向きになれる新曲を紹介させていただきます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


いきものがかりの新曲は「ミルミル」のCMとのタイアップ。

ミルミルといえば昔から日本国民に愛され続けているまろやかな甘さで優しい口当たりが美味しい乳酸菌飲料です。

そんな人気なミルミルにぴったりないきものがかりの新曲が、4/12から全国系のテレビCMやYouTubeなどの動画配信サービスにて視聴できるようになりました。

この曲はMVからまずミルミルの特徴である赤と緑の水玉模様の旗が背景でなびいており、その前で誇らしげにいきものがかりの3人が演奏しているものとなっております。

曲の持つ前向きさやくじけずにまた何度でも立ち上がるというような内容が、聴いているこちら側に勇気や希望を与えることができるとも感じました。

私は元々いきものがかりの曲はキャッチーで心が和やかになれるので聴き心地の良さで好きだったのですが、この曲で新たないきものがかりの曲の優しさに出会えることができたことがとても嬉しいです。

新曲「アイデンティティ」

スポンサーリンク


スポンサーリンク


新曲「アイデンティティ」について紹介!

いきものがかりはこの曲を作る際に、製作サイドの方々と曲の初期段階から一緒に関わって「生命力」という言葉にたどり着きました。

いきものがかりと同世代の方々を中心に、自分らしく今を生きていこうと呼びかける素晴らしい1曲に仕上がっております。

リーダーの水野さんは、「このCMを作るにあたり、“生命力”というテーマが出てきたので、日々の生活の中で生まれるパワーを曲の中に込めながら、毎日を頑張っていくような感じが伝わればいいな」と思って作ったそうです。

また、「単純に苦難を乗り越えよう、ということよりも、体の中から出てくる力を意識して、自信を持って立ち向かっていこうというようなイメージで作った」とも語っています。

ボーカルの吉岡さんは、「曲はけっこう高音と低音の差があって、もう少し音域を下げることもできたけども、目いっぱい高音を歌うことにより音域が高くなるので、そこで”踏ん張る”とか、”気合い”みたいな感じが入ってくる感じがした」と語っています。

ギターの山下さんは、「リーダー、エネルギー貯めて作ってきたなと感じた」と話しています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


いきものがかりの現在はどうしてる?

いきものがかりは突然、2017年にそれぞれの人生を自由に歩んでみたい、3人の物語をもっと長くもっと楽しく続けていけるようになりたいという理由から「いきものがかり放牧宣言」として活動を休止していました。

しかし、その後2018年に再結成されて今現在もまた3人で同じ道を歩んでいます。

それぞれが違う道を歩んでそれぞれが新たな道を経験し磨かれた上でまた集まれたということから、今後生み出される曲たちにどのような影響があるのか楽しみですね。

今は”モゥ集牧だよー2019″ツアーの真っ最中です。


 

まとめ

活動休止から約1年後に再結成されよりグレードアップしたいきものがかりの新曲の「アイデンティティ」は、テレビCMやネット上で聴くことができます。

この曲を聴くことによって新たに前に進もうと一歩を踏み出せる方がたくさんいらっしゃるはずです。

そんな歌を通して希望や夢を与えてくれるいきものがかりにこれからも期待していきたいですね。